乳輪のしこりは女性化乳房が原因でした。

初めて聞いた症状名にビックリ

しこりがあるとヤバイ?乳がんのしこりの特徴は?知らないと怖い触診法や検査・予防法

しこりができて不安な気持ちでいっぱいに初めて聞いた症状名にビックリ1人で悩まずに相談しよう

母からは「すぐに病院へ行きなさい」と言われ、地元の大きな総合病院を受診する事にしました。
受付で「何科を受診されますか?」と聞かれ、「内科かな?外科になるのかな?」とすぐには答えられませんでした。
ただ「胸のあたりに出来物のようなものがあります」というと、すぐに乳腺外科を勧められました。
乳腺外科の待合室には女性ばかりが待っていたので、やはり少し恥ずかしい思いはありました。
何となく隣の科に用事があるような雰囲気を出しつつ、ひたすら名前が呼ばれるのもじっと待っていました。
ようやく自分の名前が呼ばれ、先生から「どんな症状があるのですか?」と聞かれたため、「乳輪の下にしこりがあります」と答えたところ、少し触って、「ではエコー検査をしてみましょう」と別室に連れていかれました。
ローションのようなジェルのようなものを体に塗り、その後は機械を押し当てて検査が行われました。
すぐに終わるかと思っていましたが、結構じっくりとチェックされているようで、20分以上は検査に時間がかけられたと思います。
先生の真剣な顔を見ていると、「もしかして本当に乳がん?このまま死んでしまうのかも」と不安を感じてしまいました。
ようやくエコー検査が終わり、もう一度診察室へ戻ると、先生から「女性化乳房です」と言われました。
「女性化乳房って何?」とキョトンとした顔で先生を見ていると、ホルモンバランスの乱れによって一時的に女性のような乳房になる症状だと教えてもらいました。